【エレベーター保守】削減の仕組み

エレベーターの費用は何でできている?

エレベーターにかかる経費は大きく2つの費用に分けられます。

1つ目が「製造コスト」(エレベーター本体。)

2つ目が「メンテナンス料金」(月間にかかる費用)

そして、2つ目の「メンテナンス料金」。これがなかなかの曲者です。。。

エレベーター 業界について

エレベーター業界はそもそも日本で作れる会社が5社しかありません。

そして、多くの会社がその5社とそのまま毎月のメンテナンス契約を結んでいます。

削減の方法

この闇を暴くために、コストカット.comでは、1つの仕組みを作りました。

それが「メーカー系」から「独立系」に切り替えるスキームです。

メーカーは「メンテナンス料金」に加え、「製造コスト」もかかっているので、高く設定されていることがほとんどです。

しかし、「メーカー」から「独立系(メンテナンス専用)の会社」に切り替えることで、製造コストを下げた分の低価格で、保守ができます。

この仕組みにより、20~40%の削減状態で、お客さまのもとへご提供可能です。

ご提供

メーカーと同じ保証内容(24時間監視・純正部品を使用など)

現在のメンテナンス費用から、最適なシミュレーション致します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次